So-net無料ブログ作成
検索選択

第五回・もりもりチーズを食べちゃおう会 [習い事]

5月22日(土) 晴れ


 こぼぱんさんのチーズ講座に参加してきました。
blog_p1.jpg


メンバーは、講師のこぼぱんさん、はんちゃんちょびっとさん、あんちゃん、asamiさん+トラくん。
そして私の7人。


今回の講座はオール山羊のチーズとの事で、
山羊のチーズが苦手な私は一睡も出来なかった。(嘘)
そーは言ってもハラハラドキドキ気分でこの日を迎えました!


今回は「ロワール地方」のチーズとの事で、
フランスの80%の山羊がロワール地方にいるそうです。


 まずはクロタン・ド・シャヴィニョルから。
blog_p2.jpg


 こんな可愛い容器に入っています。
blog_p3.jpg


型が粘度製のクロットに似ている所からクロタンの由来になり、
シャヴィニョルは村の名前に由来するそうです。

試食の時に、はんちゃんちのオーブンで型に入れたまんま焼いて貰いましたが、
とって~も美味しい!
私はこのチーズをオーブンで焼いたのが今回の講座の一番のお気に入りでした♪


 次はヴィランセ
blog_p4.jpg


こんな形のチーズがあるだなんてビックリ仰天!
頭部の欠けたピラミッド形をしています。

黒い色をしているのは灰と塩を振り掛けているからだそうです。
そうする事でチーズを乾燥から守る事ができるとの事。
熟成がすすむと白くシワシワになるそうです。

ナッツの味がして、しっとりとしたチーズでした。



 続いてシャビシュー・デュ・ポワトゥ
blog_p5.jpg


山羊のラベルがなんとも可愛いチーズです。
シャビシューとは、アラブ語でヤギを意味します。

この可愛いヤギのラベルは、
シャビシュー・デュ・ポワトゥの金色の文字が書かれたチケット。
サイズも統一されているんですって!

酸味があって食べやすいのですが、
私は回りのシワシワな部分に癖を感じました。


 次はサント=モール・ド・トゥレーヌ
blog_p6.jpg

回りはカビだらけ~(汗)
薪みたいな形をしていて、実は中にワラが1本刺さっています。


 型崩れを防ぐ為にワラを通しているそうです。
blog_p7.jpg


更にこのワラには、
作り手の名前と製造番号が書かれていました。
写真に撮りたかったのですが、
肉眼でやっと確認できる感じの文字でした。

今回の講座の中でこのチーズが一番苦手でした。
真ん中はどうにか食べれる事が出来たけど、回りの部分はひえぇ~~!でした。


 最後はカベクー・フォイユ
blog_p8.jpg


チーズに見えないですよね~(笑)
まるで和菓子のよう!柏餅みたいな感じ?


 中はこんな感じです。
blog_p9.jpg


このチーズはお酒に漬けてしめらせているそうです。
黒い粒々は黒コショウです。

味は、最初は甘くて、酸っぱくて、最後は苦みを感じました。
お酒の味がしっかりとしているので、アルコールが飲めない人には辛いかも?

味もチーズと言うより、
にごり酒とか、韓国のマッコリみたいな感じでした。


 これからチーズの試食です。
blog_p11.jpg

 
 オーブンで焼いたクロタンです。
blog_p16.jpg


オーブンで焼く事で、
山羊の独特な癖がなくなってしまうのかな?
このまんま食べても、パンにのせて食べても美味しかったです♪


 こぼぱんさんからのおまけのチーズです。
blog_p10.jpg


このチーズはお菓子みたいな感じ?
全く癖もなく、甘くて食べ易いチーズでした。


しっかし、私が今まで何度か食べた事のある山羊のチーズはなんだったのだろう?
口に入れた瞬間に吐き出していたのです!

チーズの熟成度や、お店の管理で味が別物になるみたいなので、
私が食べた山羊のチーズは、たまたまハズレだったのかなっ・・?
山羊のチーズは大嫌い~!は返上したいと思いました。





 トラくんは棒付きキャンディーを食べてご機嫌!
blog_p12.jpg


トラくん、お菓子を美味しそうにたっくさん食べていて、
見ていてとっても羨ましかったぞ~!
私はお菓子大好き人間なので~(笑)


チーズの試食が終わり、
講師のこぼぱんさんはお勉強の為にさようなら~。
こぼぱん先生、ありがとうございました。
次回の講座も楽しみにしています!


この日、私もタイムリミットがあったのですが、
時間ギリギリまでランチを頂きながら楽しくお喋り。


 本日のランチ
blog_p15.jpg


美味しいランチをご馳走さまでした~!
また、来月会いましょう~♪



タグ:チーズ講座
nice!(39) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 39